Webinar

Schrödinger デジタル創薬セミナー: Into the Clinic
~計算化学がもたらす創薬プロセスの変貌~
第8回

CalendarDate & Time
  • February 21st, 2024
  • 9:00 AM
LocationLocation
  • Virtual

Impacting drug discovery programs with large-scale de novo design

高品質な化学物質の創製をより包括的かつ効果的に可能にする技術の開発は、薬物探索の長年の目標でした。

シュレーディンガーは近年、大規模な合成に注意を払ったde novoデザイン手法(AutoDesigner)と厳密な自由エネルギーに基づくスコアリング手法(Active Learning FEP+)を組み合わせ、小分子の効力と選択性を最適化するためのワークフローの開発を主導しています。この技術の最新の進展では、R-グループの設計を超えてコアの探索に進化し、初期のヒット同定の取り組みや代替系列の発見に拡張されました。

本セミナーでは、重要なデザインの課題を克服し、プログラムを加速させた、 de novoデザイン技術の最新事例を紹介します。

icon time 日本時間9:00am – 10:00am
Impacting drug discovery programs with large-scale de novo design

Pieter Bos, Principal Scientist II Sathesh Bhat, Executive Director, Therapeutics Group Zef Könst, Principal Scientist II, Therapeutics Group

Highlights

  • AutoDesignerと他の一般的なデザイン手法の実際の比較。化学的なスペースの探索、費やされた時間、デザインの目標の達成能力の評価を含む。
  • AutoDesignerを使用したヒット同定中の新しいコアの設計。
  • AutoDesignerを使用したhit-to-leadおよびリード最適化におけるR-グループの設計。
  • 分子接着剤の効力と選択性の向上の例、およびde novoデザインを使用して知的財産権を強化する例。
  • 技術を薬物探索プログラムに適用するための要件とベストプラクティス。

【セミナー形式】
Zoom webinarを使用したオンライン形式

【お申込み方法】
参加のお申し込みはこちらから▼
https://schrodinger.zoom.us/webinar/register/WN_k8iHc8W6RlajaNiThRdggQ

所属企業または所属機関のメールアドレスにて、ご登録をお願いします。
所属が明らかでない、また、個人メールアドレスでご登録の場合などは、出席をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
参加お一人様につき一登録をお願いします。アクセスリンクの共有はご遠慮ください。
当日は、お申し込みの際に登録いただいた氏名·メールアドレスにてご参加ください。
同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

ご質問、ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせください。
シュレーディンガー株式会社
E-mail: info-japan@schrodinger.com